にきび肌に向く化粧品選び3原則

サイトトップ → にきび肌に向く化粧品選び3原則

にきび肌に向く化粧品選び3原則

「にきびがある肌にも化粧は大丈夫ですか?」という質問をよく耳にします。確かに、にきびのある肌の上にファンデ―ションなどの油性のものをのせてしまうと毛穴の詰まりを引き起こし肌のためにはよくないのが現状です。しかし、女性であれば、化粧なしというのは非常に辛いですよね。

そこで、肌が敏感になっているにきび肌にも向いている化粧選びのコツをご紹介いたしましょう。にきび肌に向いた化粧選びには3つの原則があります。

にきび肌に向いている化粧選び3つの原則

  • ①「ノンコメドジェニック」であること
  • ②油分が含まれない「オイルフリー」のもの
  • ③クリームやリキッドよりも「パウダータイプ」

これらです。

①「ノンコメドジェニック」であること
まずは「ノンコメドジェニック」タイプであることがのぞましいです。「ノンコメドジェニック」とは、にきび(コメド)ができにくい処方であるということが明記されている化粧品をいいます。

化粧品はオイルを用いているものが多いため、にきびがどうしてもできやすいわけですがテストでにきびができる可能性の低いと結果がでたノンコメドジェニックと明記がされたものであれば安心してつかえるでしょう。
②油分が含まれない「オイルフリー」のもの
多くの化粧品にはオイルが使われており、そのオイルが原因で肌荒れやにきびを招いてしまうことがあります。オイルフリーとは、そのオイルを使用しない化粧品(別名:ノンオイルともいう)をいいます。オイルによってにきびができたり、肌荒れを起こした人にはおススメだと思います。

にきび肌にはできるだけ油分がたっぷり含まれた化粧品を使わない方がいいのでデリケートなにきび肌に負担をかけませんし、 皮膚呼吸を妨げないため肌自体にもやさしいのがオイルフリーの特徴です。オイルフリーのファンデーションであれば、オイルが使われていないのでいきびがえきやすいオンリー肌の人には特におススメしております。
③クリームやリキッドよりも「パウダータイプ」 
にきびを隠すためにわざとクリームやリキッドタイプのファンデーションをつかう人もいるようですが、これらの種類のものは肌に強い刺激を与えてしまいます。

クリームやリキッドは粉を液体の中に分散させるため、界面活性剤が入っていますし、水を含むために防腐剤も必要になります。その分、肌への刺激も強くならざる追えません。そのため、オンリー肌の人は特につけてその日のうちににきび症状が悪化してしまうケースは珍しくありません。

にきび肌はちょっとした刺激に対しても即座に反応してしまうほど敏感な状態になっていますので、肌刺激の強いクリームやリキッドタイプのファンデよりもパウダーの方が肌にはやさしいでしょう。
にきびがひどいときどうする!?
あまりににきびがひどい状態であるとき、バッチリメイクは毛穴をより塞ぎ、肌に負担をかけてしまうので絶対にやめておきましょう。かといって、外出の際、メイクができないことも問題なので、UVカット効果のある下地にパウダーを軽くのせる程度のメイクがいいかも。

しっかりメイクしたいのであれば、アイメイクや口紅などポイントメイクを心がけるとよいですよ。