にきびの再発を防ぐために必要な条件とは?

サイトトップ → にきびの再発を防ぐために必要な条件とは?

にきびの再発を防ぐために必要な条件とは?

にきびが完治しても、にきびが、また、同じところにできてしまうことはよくあることです。それは、にきびができたことによって、肌そのものが弱っているからではないでしょうか。

弱ってしまっている肌というのは、少々の刺激に対しても敏感に反応してしまいますし、雑菌も肌内部へ浸透していきやすくなります。そのため、簡単ににきびができてしまうという結果に…。



では、にきびを再発させないためにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

大人のにきびは、「にきび」自体が問題なのではなく、「にきびができる肌の状態」が問題であるケースがほとんどです。ケガのように、薬でその部分だけを治そうとしても、その治療をやめた時点でまた再発してしまう可能性がとても高いわけです。

にきびの再発を防ぐためには、”にきびができている箇所だけを治そう”とする考えを改めて、肌の根本から改善していくことが何より大事です。

肌のバリア機能を回復させたり、肌の免疫力を高める、新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルを正常に戻すなど、肌本来の機能をとり戻すことができれば、「にきびができにくい肌」へと生まれ変わることができるでしょう。

そのためには、毎日のスキンケアで肌を清潔に保ち続けることが非常に大切になってきます。にきび再発を予防するためにも、自分の肌にあったにきび対策洗顔フォームで優しくいたわるように洗うなど、肌を傷め付けずに清潔に保つことを毎日続けることを忘れないようにしたいものです。

同時に、内側からのケアを忘れてはいけません。バランスの良い食生活、十分な睡眠時間の確保、ストレスを溜めないことなどを気をつけるだけでにきびの再発を防ぐことは十分に可能です。



にきびは再発しやすい病気ですので、にきびが治ったからといって安心せずに、にきびは再発しやすいという認識を持ってください。今まで通りのにきび対策を続けながら、肌の体力を回復し、にきびのできにくい肌へと近づけたいものですよね。