間違いだらけのにきびケア

サイトトップ → 間違いだらけのにきびケア

間違いだらけのにきびケア

「あれ?あんなに気をつけていたのになぜにきびができるの??」

正しいにきびケアを知らなかったばかりに、お肌を逆に傷め付けるケアをしていた経験ありませんか?

にきび肌はとてもデリケートなもの。間違った概念のもとで自己流のにきびケアをしているとかえって症状を悪化させて、取り返しのつかない事態を招いてしまうことも…。

自分はそんなつもりではなくても、無意識誤ったにきびケアをしていることもあるかもしれません。「これが正しい!」と思い込んでにきび改善とは逆の方向に頑張ってしまっているかもしれません。

「これだけはしちゃいけない、にきびケア」を以下にまとめましたので参考にご覧ください。

これだけは絶対にしてはいけない!にきびケアって何?

頻繁に洗顔をしていませんか?
「清潔なお肌環境がにきび予防には必須条件!」とばかりに1日に何回も洗顔を行っていないでしょうか?

お肌にとって清潔な環境を保つことはとても大切なことですよね。よく泡立てた泡でやさしく毛穴の奥の皮脂汚れを洗い流すことは基本ですが、何ごともやり過ぎはよくない!

洗顔のしすぎは、バリア機能を弱めてしまい肌をより敏感にさせてしまいます。そのうえ、肌の乾燥を招いてしまう結果に。

乾いた肌をフォローするため、皮膚の内部では水分の代わりに皮脂をどんどん出し続けるサイクルを生んでしまいます。洗顔のしすぎが、「肌の乾燥⇒オイリー肌」を招いてしまうことに…。これではにきび改善に対して逆効果ですよね。

何ごともやり過ぎは問題です。自分の肌質に合った洗顔料で正しい洗顔方法を守ってさえいれば、1日に朝と晩、決められた回数だけでも肌は清潔に保てますのでご安心くださいね。
にきびをつぶしたり、触ったりしていませんか?
肌ににきびを始め吹き出物ができるとついついさわりたくなるものですよね。にきびに対して知識がないときは、わたし自身、指でつぶして早く治そうなんて考えてしまうこともありました。

しかし、指などでつぶしたり、触ったりすることで感染症を起こす危険があるのでそれらの行為は絶対に止めておいた方がいいです。

また、「消毒したハリならば大丈夫なのでは?」と考える人もいるようですが、これもまた危ない。皮膚の中の組織や毛穴周囲の真皮を傷つけるのでかえって治りにくいですし、やっと治ったとしてもにきび痕が残ってしまうことが多いようです。

にきびができても、絶対につぶさない、できるだけ触らない、これだけは守ってほしいことです。
手作り石けん使っていませんか?
お肌が乾燥しやすいし、敏感だからという理由で、手作り石けんをつかっている人が多いようです。しかし、それが逆ににきびを招いてしまうこともあるので要注意!

手作り石けんの中にはいっている油に注目してください。油の種類でもオリーブ油がたくさん入っている石けんは、にきび肌にはよくないといわれています。

オリーブ油に含まれるオレイン酸が原因なのですが、オレイン酸はアクネ菌にとっておいしい栄養分、にきびの原因となるアクネ菌の繁殖の手助けをしてしまう可能性が高いからです。

オレイン酸は、オリーブオイルのほかにもツバキ油にも多く含まれています。構造が皮脂とにているため、肌になじみやすく、保湿や抗酸化作用もあるので、化粧品やヘアケア商品の原料としてよく取り入れていて使用感もよいのですが、にきび肌の人には残念なことに相性が悪い…。

にきび肌で悩まされているときは、多少お値段は張りますが、にきび予防専用フォームなど、にきび対策に特化したアイテムを使用したほうが、にきびをより早く改善できますし、肌トラブルをこれ以上進めないためによいですよ。
自己流マッサージやエステ通いをしていませんか?
「にきび改善のためには血行促進を」などという理由で自己流にマッサージしている人もいるようです。しかし、にきび肌を本当に治したいのであれば、それは止めた方がいいでしょう。

にきび肌はとても傷つきやすくデリケートな状態となっています。赤みを伴うニキビの場合などは、刺激になり悪化を促すので、マッサージはやめておきましょう。

エステサロンでもにきび肌対策を行っているところがありますが、あまりおススメできません。エステシャンは皮膚科医ではないのでにきびに対する正しい知識や治療法を行えるかというと疑問です。

ちなみに、欧米ではニキビは皮膚疾患として捉えられているので、由緒あるエステではニキビのある方はお断りしており、医者に行くことを薦められます。