にきび対策のための洗顔料とクレンジング選び

サイトトップ → にきび対策のための洗顔料とクレンジング選び

にきび対策のための洗顔料とクレンジング選び

メイクをつけた場合は、ダブルクレンジングを行うのが普通のこと。 にきび対策には洗顔料はもちろんですがクレンジング剤選びも実はとても重要なのです

”ふき取りタイプ”より”洗い流すタイプ”を
クレンジングは、ふき取りタイプより、洗い流すタイプのものを選びましょう。ふき取りタイプはふき取るときについつい力がはいってしまい、それによって、毛穴に強く刺激を与えてしまう可能性大です。洗い流すタイプのクレンジングの方が肌に負担がかかりませんし、クレンジング液も肌に残らず洗い流せるため、刺激が残らないのでよいとされています。
ノンコメドジェニックを選びましょう
クレンジング料は油性の汚れをしっかりと取り除きながらデリケートな肌をこれ以上傷めつけないためにも低刺激のものを選びたいもの。できれば、ノンコメドジェニックを選んで使った方がいいでしょう。
たっぷり肌になじませて
使う量ですが、少ないと肌になじませるとき力が入り摩擦が大きく起こるので肌に余計な負担をかけてしまいます。「肌に悪いから」という理由でクレンジング量を少なくせずに表示の敵量を守りましょう。

にきび対策に欠かせない「洗顔料」の選び方

マイルドかつ洗浄力のあるもの
にきびによい洗顔料の条件は、デリケートな肌にもやさしくマイルドなスクラブ効果を配合されたものがベストです。皮脂腺から分泌される皮脂は過剰でも、肌のバリア機能が低下しているケースが多いので、穏やかな洗い心地の洗顔料がにきび肌にはよいとされています。
天然の植物由来のもの
洗顔料には合成界面活性剤、着色料、防腐剤といったものが含まれているものがたくさんあります。これらは肌に強い刺激を与えるもので、にきびができて敏感になっている肌には悪影響を与えてしまいます。

着色料や香料などの添加物がなるべく入っていない天然の植物成分が配合されたものの方が余計な刺激を与えず、肌をいたわり保湿してくれるので デリケートで弱まっているにきび肌には向いているといえます。

最近では植物由来など、天然素材から作られている洗顔料も多いので少々値段は張ってしまいますがそれらの製品を購入することがにきびを早めに治すための得策ではないでしょうか。