肌タイプとにきびに関しての質問

サイトトップ → 肌タイプとにきびに関しての質問

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

乾燥肌になると肌の防御力が落ちて、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応を起こします。皮脂を過剰に分泌することで外界からの刺激を守ろうと必死になります。こうして皮脂の過剰分泌がはじまるわけです。

脱脂力のつよい洗顔料をつかうことで肌を守る皮脂を取り除きすぎてしまうと皮膚は「もっと皮脂を出さなければ」とさらに皮脂を出してしまう悪循環を招いてしまうというわけです。



また、乾燥肌の人はもともと肌の水分量や皮脂量が少ないので、しっとり感を重視してしまいます。そのため、どうしても油分が多く含まれた化粧品を使用している傾向にあるようです。肌にしっとり感を与えたいため、リキッドやクリームタイプのファンデーションをつかったりがその一例ですよね。これらには油分がたっぷり含まれているのでメイクの仕上がりもしっとり、肌のカサつきを感じさせません。

しかし、これら油分の多い化粧品というのは、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料でなければ、すっきりと落とせないため、肌に負担がかかってしまいます。肌への強い摩擦は肌ダメージを招く要因となります。

長時間、肌のうえにたっぷりの油分が載っていることで皮脂が酸化しやすく過酸化脂質になって肌を老化させる原因にもなってしまいます。

乾燥肌のにきび対策はどうすればいいのですか?

乾燥肌のにきびの人が絶対につかってはいけない洗顔料が脱脂力の強いタイプの洗顔料です。

皮脂を取り除けば取り除いただけ皮脂は分泌し続けますので、脱脂力の強い洗顔料はやめておいた方がいいです。また、合成界面活性剤や香料、アルコールなども肌に刺激を与える成分なので控えるべきですね。

乾燥肌に向いている洗顔料は、毛穴の皮脂汚れは取り除きつつ肌にやさしいタイプのもの。にきび洗顔料でも肌タイプに分けられたものがありますので、乾燥肌の人向けのにきび洗顔料を選んだほうがベストです。

そして、もっとも重要なのが 洗顔あとの「保湿」です。皮膚が「もっと皮脂を出さなければ」と考えるのを防ぐため、そして、外界からの刺激から肌を守るため、洗顔後はしっかり保湿を忘れないようにしましょう。

肌は乾燥しているわけですから、化粧水はじっくりと少しずつ繰り返して何回かにわけて付けた方が浸透しやすいかと思います。乾燥がひどいとき、にきびが化粧水でしみる場合は、その部分のみにセラミドやNMF(天然保湿因子)成分が配合された美容液などをなじませてから、化粧水をつけた方がよいでしょう。

肌がギラつきやすく脂っぽい肌のにきび対策は?

オンリー肌の人はにきびや吹き出物ができやすい肌質なので常ににきびを意識したスキンケアを試みた方がいいと思います。

クレンジングは念入りにすべきです。朝起きて脂が浮いている日は朝のクレンジングをしてもよいでしょう。

洗顔を行うときは、よく泡立てた洗顔料を額からは鼻にかけてのTゾーンを中心にやさしく洗い流します。にきびができている箇所は炎症を起こしやすいので、こすらないように寄与つけてください。化学繊維が含まれたタオルでこするのは絶対に厳禁です。あくまでもよく泡立てた泡で転がすように洗うのが肝心です。

化粧水はさっぱりタイプがおススメです。毛穴を引き締め皮脂の分泌を抑えてくれるからです。そのあとは、クリームや乳液は使用せず、べたつかないスーッとなじむような美容液をつけておくとよいでしょう。

日焼け止めは紫外線吸収剤のものは避け、紫外線錯乱剤使用のものを選んほうがよいですし、ファンデーションはリキッドタイプやクリームは×。パウダーファンデか粉おしろいで少しでもにきび肌に負担をかけないようにした方がよいと考えます。



また、ストレスやホルモンバランスのちょっとした崩れでも簡単ににきびができてしまうので、食生 活や体調管理には日ごろから注意しておいてくださいね。