にきび肌とメイクについての質問

サイトトップ → にきび肌とメイクについての質問

にきび肌でもファンデーションをつけてもいいの?

基本的に、ニキビ肌に良い化粧品(メイク)はありません。化粧品はオイルをたっぷり含んでいるため、毛穴をふさいで雑菌が繁殖しやすい環境をつくりだして、オイルが肌表面で過酸化脂質かしにきびにつながりやすい状態を作るからです。

本当は、ニキビが治るまでメイクをしない方がよいというのが本音ですが、大人の女性となるとそれはとても難しいかと思います。それならば、できるかぎり肌に負担をかけない方法でメイクしましょう。

にきび肌の人がメイクをする時、注意することは?

化粧品選びで注意したいのが、配合されている成分です。

にきび肌の人、にきびができやすい人は、コメドができにくいノンコメドジェニック処方のものを使用した方が肌のためにはベターです。

また、ファンデーションのタイプは、リキッドやクリーム、ウォータープルーよりもパウダーファンデーションを選びたいものです。

クリームやリキッドタイプは、粉を液体の中に分散させているため、界面活性剤が多く、配合されています。その上、水を含んでいるため防腐剤の使用もかかせません。その分、肌への刺激も強くなり、にきび肌にはいいはずはないでしょう。

それならば、まだパウダーの方が肌に負担がかかりにくいですよね。そして、パウダータイプは、紫外線カット効果もありますし、皮脂を吸収してくれる効果があるというのもにきび肌の人におススメする理由でもあります。

メイクのしかたのポイントは?

メイクのしかたにも工夫が必要でしょう。にきび肌の場合、ファンデーションの厚塗りよりも、ポイントメイクに力を入れるのもいいですね。

まずは、眉をしっかり書いて、顔全体のバランスをつくります。アイメイクは命です。アイシャドーやまつ毛を強調することで目元ははっきり強調することで、ファンデをしっかり塗らなくても十分キレイに変身できます。

にきび肌を目立たなくするには、口元を鮮やかな明るめの口紅を使用することが大切です。リップペンシルも利用するコツですよ。目元や口元をきちんと仕上げることで、ベースメイクの薄さをカバーしてくれますよ。



何回もいいますが、にきび肌にファンデーションはよくないので、ファンデをつけた日は、なるべく早くクレンジングと洗顔を。