にきびができるメカニズム

サイトトップ → にきびができるメカニズム

にきびができるメカニズム

にきびをきれいに治すためには、まず、にきびに関する正しい知識を知っておかなければなりません。

ここでは10代(思春期)にできるにきびを含め、一般的にできるにきびができてしまうしくみ、メカニズムについてお話しましょう。

ニキビができる2つの要因

ニキビができる大元の要因は2つあります。それは、「皮脂の過剰分泌」と「毛穴のつまり」です。

皮脂腺からでてくる皮脂は、毛穴から肌の表面を行き渡り、肌を保護してくれる大切な役目をしてくれます。 しかし、過剰に分泌されてしまうと、肌に付着したまま老廃物と密着してしまうと、にきびができて大変なことに…。

皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの崩れによっても起こります。

ホルモンバランスが乱れて、皮脂の量が増えるとッ皮膚のの深層部にすんでいるアクネ菌がそれを餌として繁殖し、 毛穴を詰まりやすくさせるなど悪さをはじめてしまいます。

中でも、アンドロゲンに代表される男性ホルモンは、皮脂腺の発達などに大きく関与しているため、 この分泌が活発化すると皮脂の分泌量も増加していくといわれています。 男性の方が一般的にギラギラ油っぽい肌なのはこのためです。

女性の場合、生理前などにきびができたり、にきびが悪化したりする方が多いようですが、 これもアンドロゲンの分泌が盛んになるから。

ちなみに、夜更かしなどの不規則な生活パターンや偏食なども、 ホルモンのバランスを崩すためニキビの発生に大きく影響するということを覚えておきましょう。

大人にきびの場合、ホルモンバランスの崩れのほかにも、年齢による肌の感想やターンオーバーの乱れ、 間違ったスキンケア、洗顔や睡眠不足、バランスの悪い食生活、会社や人間関係などのストレス、 紫外線など、にきびができやすい状態にしてしまうさまざまな要因はありますが、 もとはと言えば、毛穴につまった皮脂や汚れが原因。

つまり、毛穴をきれいに保てればニキビはできにくくなるともいえるのです。 ということで、ニキビ予防には皮膚の清潔が一番重要といえるでしょう。

大人にきびの場合、思春期のにきびとは違い、さまざまな要因が複雑に絡み合って発症するのですが、 にきびができるメカニズムは同じこと。

にきびができるメカニズムを頭にいれておくことで、にきびをどのようにして予防し、 改善していけばいいのかが見えてくると思いますよ。