大人のにきびは10代のにきびと何がどう違うの?

サイトトップ → 大人のにきびは10代のにきびと何がどう違うの?

何がどう違う!?思春期にきびと大人にきび

一般的に、男女ともに10~20歳代がにきび発症のピークといわれています。というのも、この年齢というのは、皮脂腺が発達して皮脂の分泌が過剰となる時期だからです。
しかし、最近では、「社会人になってもなかなかにきびが治らない」とか「大人になって突然にきびが発症し始めた」という女性たちも増えているようです。思春期以降にできてしまうにきびを一般的に「大人にきび」と呼んでいます。
「青春のシンボル」と呼ばれている思春期のにきびと最近注目されてきた大人のニキビ…。何がどのように違うのでしょうか?

「思春期(10代)のにきび」とは

10代の思春期にできるにきびは、成長期に見られる皮脂の過剰分泌がおもな原因でできてしまうのが特徴です。
第2次成長期といわれる思春期の頃の体は、ホルモンバランスが崩れやすくなり、皮脂が過剰に分泌されやすい状態になっています。
アンドロゲンに代表される男性ホルモンは、皮脂腺の発達や皮脂の合成に深く関わっているため、皮脂の分泌量も増加していくばかり…。男性の方がギラギラ、脂ギッシュな肌が多いのは、このため。
もちろん、女性にも男性ホルモンは存在するので、その影響を受けることもあるでしょう。生理前になると肌がカサついたり、にきびができたり、荒れたりするのは、黄体ホルモンが活発になりできやすくなるためです。
皮脂の量が増えると、今度は皮脂の深層部にすんでいるアクネ菌がそれを餌にして増殖し、毛穴を詰まりやすくさせるなどの悪さをスタート。これがにきびをできやすくさせる原因なんですよね。
にきびができる顔の箇所は、額(ひたい)や鼻などのTゾーンを中心に顔全体にできるのが特徴です。


***************************************************

皮脂分泌が活発な上に毛穴がまだ小さいために皮脂が
目詰まりして発生するのが「思春期ニキビ」

***************************************************

「大人にきび」とは

思春期を過ぎた20歳以上の人にできるニキビ、それを「大人ニキビ」と呼ばれるものです。思春期にきびは皮脂の過剰分泌が主な原因でしたが、大人にきびの原因は、「これだ」といわれる原因が1つではなく、複雑に絡み合った要因によってできてしまうのが特徴。
もちろん、皮脂の過剰分泌もできてしまう原因にあげられますが、ただ、それだけではなく、正常に機能しにくくなった肌のターンオーバー、バランスの悪い食生活や睡眠不足などの不規則な生活スタイル、会社や人間関係などのストレス、間違いだらけのスキンケア、ホルモンバランスの崩れなどその原因はさまざまで、一人一人原因が違う場合が殆どです。
にきびができる顔の箇所にも特徴があって、一般的ににきびができやすい額(ひたい)や鼻などTゾーンを中心にできるのではなく、口のまわりや頬(ほお)、あごなどUゾーンにできてしまいます。
できやすい場所は、思春期にきびのように皮脂分泌が盛んなTゾーンではなく、フェイスライン(あごのあたり)口元やほおや首などのUゾーンにできるのが特徴的です。

*****************************************************

生活リズムの乱れ、過剰なストレス、ホルモンバランスの
崩れなどが複雑に絡み合い発生するのが大人ニキビ

*****************************************************

このように「思春期にできるニキビ」と「大人ニキビ」とは引き起こる原因がまったく違うということを頭に入れておきたいものです。

大人にきびは思春期にきびと違って洗顔だけじゃ治らないの?

思春期ニキビは、正しい洗顔とスキンケアをすれば実に簡単になおりやすいニキビですが、大人ニキビは、様々な要因が複雑に絡み合っているため、洗顔スキンケアだけでは治らないというやっかいなニキビといえます。
大人ニキビのキーワードがは“ストレス”です。ストレスを抱えた人にニキビ患者さんは多いという実態もつかみました。
たとえば、学生から就職する際の急激な生活の変化、職場での人間関係、責任ある立場を任される職場での重圧、結婚や出産といったライフスタイルの変化など、たしかに私たち女性を取り巻く環境はとても複雑になってきています。
”大人ニキビはストレスとも密接な関係がある”、ということは紛れもない事実ですので、正しいスキンケアと同時に生活スタイルの見直しも必要となるでしょう。