皮脂とにきび

サイトトップ → 皮脂とにきび

皮脂とにきび

にきびができる大きな要因の一つに「皮脂」の存在があることはすでにご存じですよね。 ということからでしょうか、「にきび改善のために皮脂は邪魔である」といった具合に 「皮脂=悪者」イメージを抱いてしまいがちの人も多いのではないでしょうか。

たしかに毛穴に皮脂が詰まることによってにきびができやすいのですが、 皮脂がなければ、肌に潤いを保つことはできません。外的の刺激から肌を保護してもらうことはできないでしょう。 このことから分かるように、本来、私たち肌の健康や美肌づくりには欠かせない大切な役わりを果 たしてくれているなくてはならないものなのです。

ならば、皮脂のなにが問題なのか…。それは、皮脂が必要以上に分泌されやすくなっている状態が問題なのです。

過剰な皮脂分泌は、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなり、 そのまま放っておくとにきびが発症してしまう。つまり、皮脂の過剰分泌とその分泌された 皮脂の対処がきちんとなされてないことに問題があるのです。

皮脂を抑えるための対策とは

甘いものや油っぽいもの対策
たとえば、皮脂の分泌が高まっている生理前やストレスがたまっているとき、ケーキやチョコレートなど甘いモノや揚げ物など油っぽいものを食べ過ぎるとさらににきびができやすくなります。ここで欲求にブレーキがかけらるかどうかが分かれ目。そのようなことも皮脂にきび対策のひとつではないでしょうか。
皮脂汚れのみを洗い流す洗顔法
そして、忘れてはならないのが毎日のスキンケアです。「 皮脂をしっかり落とさなければ」と1日に何回もゴシゴシ洗顔したり、 メイクもしていないのにクレンジングをつかったり、それは洗い過ぎです。

一生懸命に洗ったからといって毛穴につまった皮脂は取れませんし、 肌の水分や潤い成分まで流してしまうため、それを補おうと余計に皮脂が分泌されてしまうはめに…。

朝と晩、自分の肌に合ったにきび洗顔フォームでやさしく泡で洗うよう、 肌をいたわりながら洗えば、皮膚を傷めることなく毛穴に詰まった皮脂汚れのみをかきだすことができます。
皮脂コントロール効果のある化粧品
皮脂コントロール効果のあるアイテムを毎日使用するのも皮脂対策となります。 うまく皮脂をコントロールしてくれる化粧水など、優秀なものがたくさん出回っています。

化粧水は保湿効果と同時に清浄やひきしめ機能があるものを選びたいもの。 洗顔あとの肌をすっきりとふきとり、皮脂の分泌を抑えられるからです。

乳液やクリームは本来肌を保護するのが目的ですが、にきびがひどい場合はつけない方がいいですし、 にきびが軽い場合でもオイルフリーでコメドができにくいノンコメドジェニック処方のものを選択した方がいいでしょう。