紫外線とにきび

サイトトップ → 紫外線とにきび

紫外線とにきび

「小麦色の肌は健康美人のあかし」という時代はすでに崩壊し、 今や「肌にダメージを与える悪しきもの」という悪きイメージが浸透している紫外線。

皮膚の表皮を炎症させシミを導き、真皮まで届いてコラーゲンやエラスチンを傷つけ、 シワやたるみ、くすみを作ってしまう紫外線ですが、にきびにとっても悪影響を与えてしまうのはいうまでもありません。

敏感になっているにきび肌にとって紫外線は大敵!ということは分かっていてもどのような害があるのでしょうか。 具体的に紫外線によるにきび肌への影響をまとめてみました。

紫外線によるにきび肌への悪影響

  • 肌の角質肥厚が進みにきびができやすくなる
  • 肌に必要な水分油分が奪われてバリア機能が低下する
  • 活性酸素が増えて毛包が破壊される
  • クエーターや色素沈着などにきび痕ができてしまいやすい

などです。これらの害を肌に与えないためにも紫外線を肌に浴びないような工夫が大事。紫外線対策は、にきびを悪化させず、キレイな肌を守るための基本ともいえるでしょう。

具体的な紫外線対策が知りたい!

紫外線対策は通年を通して
たとえば、夏のレジャー以外でも通年を通して日常的にUVカット効果のある化粧品を積極的につかうことをおススメします。
日焼け止めは「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」のもの
日焼け止めでは、「紫外線吸収剤」という成分を含むものを長時間つけっぱなしにしておくことはよくありません。紫外線を吸収した吸収剤は化学変化をして不安定になってしまうからです。ということで低刺激で安心な「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」「ケミカルフリー」表示がある方がデリケートなにきび肌にはいいでしょう。
ノンコメドジェニック処方のパウダーファンデ
UV効果のあるファンデなどの使用もいいですね。 その際、ノンコメドジェニック処方のものを選ぶことはにきび肌対策として忘れてはなりません。

にきびを隠すためにわざとクリームやリキッドタイプのファンデーションをつかう人もいるようですが、 これらの種類のものは肌に強い刺激を与えてしまいます。

クリームやリキッドは粉を液体の中に分散させるため、 界面活性剤が入っていますし、水を含むために防腐剤も必要になります。 その分、肌への刺激も強くならざる追えません。そのため、 オンリー肌の人は特につけてその日のうちににきび症状が悪化してしまうケースは珍しくありません。

にきび肌はちょっとした刺激に対しても即座に反応してしまうほど敏感な状態になっていますので、 肌刺激の強いクリームやリキッドタイプのファンデよりもパウダーの方が肌にはやさしいでしょう。
紫外線対策アイテムのカラーは黒で
UVカット化粧品とともに取り入れたいのが日傘や帽子などの紫外線対策グッズですよね。 日傘は遮光面積が広いので頭の真上だけでなく、横からも斜めからも紫外線をカット効果が期待されます。 「荷物が重くて日傘まで持てないわ」という人はつばの広い帽子をかぶってはいかがでしょうか。

そのとき、注目したいのが日傘や帽子の色です。 白色は日差しを跳ね返してくれそうな清らかさと眩しさがありますが光の通過性がとても 高く紫外線を通してしまうといわれています。明るい白色とは反対の暗めのカラーといえば黒。 この黒色は光の通過性が低いので紫外線防止効果にすぐれているカラーといえます。

日傘や帽子など紫外線対策グッズやアイテムの色選びは、 ぜひとも「黒色」で!カラー選びでも紫外線を完全防御したいものですよね。