にきび痕の種類

サイトトップ → にきび痕の種類

にきび痕の種類

一般的にいわれている「にきび痕」にも3つの種類があるといわれています。

赤みが残ってしまうタイプ

にきびが進行してしまい炎症まで起こると、なかなか赤みが消えなくなることがあります。ふくらみもなくなり平らになっているにも関わらず、赤みだけは残ってしまう。それが目立ってしまうのでとても不安になる人もいるかと思います。

しかし、一生消えないというわけではなく、通常2~3年もかけて自然に消えていくことがあるといわれています。ただし、注意しなければならないことがあります。

それは日焼けをしないこと。赤みがあるうちは日焼けを絶対にしないでください。そして、ビタミンC誘導体のローションや美容液をつかうこと。ビタミンC誘導体の有効成分がシミやにきび痕を薄くする助けをしてくれるでしょう。

シミが残ってしまうタイプ

にきびが進行し炎症が起こったあとの赤みが茶色のシミとなって残る場合があります。これは炎症性色素沈着というものです。足にできた虫さされがしばらくシミのようになって消えにくいことがありますがそれと同じものです。

炎症性色素沈着になると「シミのような痕が残った」と心配しがちですが時間が経てば消えることもあります。消えるまでは2~3年と時間がかかることもあり、その間に日焼けをしてしまうと消えないケースも多いようです。

紫外線対策を心かけること、美白化粧品を使ったお手入れが有効ですが、早め早めのにきびケア対策が何より大切!にきび痕に残らぬよう、にきびがある段階で正しいスキンケアを頑張ってやっていきましょう。

陥没ができるタイプ

「赤み」がひいたと思ったら、ポコンっと凹んだものを発見したら問題です。いわゆる「クレーター」「あばた」と呼ばれているにきび痕です。

にきびの炎症が毛穴の周りにまで及ぶほど悪化した場合、このような凹んだ痕が残ってしまいます。

この陥没タイプのにきび痕になってしまうと、残念ですが、完全にもとの肌に戻すことはできないでしょう。毛穴そのものが破壊されてしまうと、皮膚が元通りに再生できなくなるからです。

このタイプになりやすい体質の人は、皮膚の硬い人や強い炎症を起こしやすい体質の人といわれています。専門医によるピーリングによって完全ではありませんが、かなりの改善もみられる場合もあります。

このように辛い状況にならぬよう、早い段階からのにきび対策を試みるようにしましょう。