にきび痕になりやすい肌質や体質ってあるの!?

サイトトップ → にきび痕になりやすい肌質や体質ってあるの!?

にきび痕になりやすい肌質や体質ってあるの!?

にきびができたとき心配になるのが「にきび痕が残らないかどうか」ということでしょうか。その背景には、10代のころにできたにきび痕が大人になった今でもずっと消えずに残っている姿をみるからかもしれませんね。

「にきび痕が残らぬようにきびをつぶさないこと」ということはよく言われますが、にきびをつぶさなくてもにきび痕が残ってしまうケースもあるようです。

にきびは、症状の段階が進めば進むほど(症状が悪化するほど)にきび痕が残りやすいことは確かです。しかし、にきび痕が残るかどうかは肌質や体質によって決まることも多いようです。



コメドの状態でほとんど治ってしまう人もいれば、コメドからあっという間に赤みを帯びてしまう人もいます。

炎症が悪化して濃まで持ってしまうと痕が残りやすいですが、炎症が毛穴のまわりまで及んでも痕が残らない人もいます。

このようににきび痕が残るかどうかは、個人差があり、どこまで進んでしまうかは本人の肌の免疫力、肌の回復力などの差によって決まっている部分もあるようです。

また、男性のように肌が硬いタイプの肌質をもっている人はにきび痕が残りやすいともいわれています。

肌質や体質によって、にきび痕のなりやすさ、なりにくさはあるようですが、炎症性 のにきびまでの進行でストップをかけておけば、にきび痕は残らないといわれていますの で、自分がにきび痕になりやすい肌質だと自覚している人は、早め早めの治療を心かけてほしいものです。